健康料理教室

2019.05.21

第154回健康料理教室

5月10(金)クリスタルプラザ多治見2F多治見フランテ
社員食堂にて第154回クリスタルプラザ多治見健康料理教室を
開催しました。
 
【テーマ】:減塩
【参加人数】:18名
【メインメニュー】:汁なし坦々そうめん
【サブメニュー】:パリパリそうめんサラダ
 
管理栄養士の牛田先生より食事面のお話をいただきました。
 
~減塩調理のポイント~
①旨み
 料理に旨みが加わると、味に深みが出て薄味でも満足度が
 上がります。旨み成分にはいくつか種類があり、組み合わせて
 使うことで相乗効果があります。
 ※グルタミン酸…昆布、のり、ひじき、肉、小麦、枝豆、トマト
 ※イノシン酸…かつお、まぐろ、煮干し
 ※グアニル酸…干し椎茸
 ※コハク酸…貝類(あさり、しじみ、ほたて等)
  
②香り・辛み・酸味
 香りや辛み、酸味を効かせることで塩味の物足りなさを
 補うことができます。
 ※香味野菜(ねぎ類、しょうが、にんにく、しそ等)
 ※ハーブ(ローズマリー、パセリ、オレガノ、バジル等)
 ※スパイス(花椒、こしょう、カレー粉、唐辛子、わさび等)
 ※酢、バルサミコ酢、レモン、グレープフルーツ、トマト等
 
③コク
 油を使うとコクが出て、塩味の物足りなさを補うことができます。
 風味のある油を使うとより効果があります。 
 ※ごま油、ラー油、オリーブ油、バター、生クリーム、ナッツ類
 
トーカイ薬局からは血圧についてお話ししました。
そもそも血圧とは?高血圧だと何がいけないのか、血圧が上がる原因、
普段の生活の中での改善点などをお話ししました。
「減塩」のポイントとして、酸味や香辛料などをうまく活用する事で
塩分が少なくても食事を楽しめるということをお伝えしました。
 
今回のサラダのレシピは、辛みや香りの効いた坦々そうめんと
バルサミコ酢を使ったサラダだったため、いつものサラダより
「減塩」を実感していただけたのではないかと思います。
 
次回予定は6月14日(金)です。
テーマは「美肌」です。

一覧へ戻る